このブログについて

 初めまして。ユウトと言うものです。

ブログを書くのはこれが初めての経験ですが、どうしても伝えたいことがあって始めました。それが何かというと、この世が非常に混沌としているということです。変なことを言っていると思われるかもしれませんが、世の中で起きていることや毎日ニュースで見ていることがよく理解できないという方はとても多いと思います。そしてわからないまま思い悩んだ結果それを韓国のせいにしたり、中国のせいにしたり、または日本人自身のせいにしたりして無駄な論争が起きてしまう。さらに、政治家を右翼や左翼などと分類して政治を理解した気になってしまう。

 はっきり言ってこのようなことは無駄です。この世の中はそう単純じゃないからです。ネトウヨという言葉を知っていますか。説明するまでもありませんが、ネット上で韓国や中国の悪口を書いて馬鹿にして、天皇自衛隊や右翼と呼ばれる政治家をほめたたえる人たちです。しかし、最近はネトウヨもそのような態度をとることが難しくなっているのではないかと思います。ぜひ、以下の記事を見てください。

RAPT | RAPT×読者対談〈第12弾〉田布施システムから始まった天皇の陰謀。

天皇の権力が一気に高まったのは、明治維新が起きてからですが、その明治維新は日本に住んでいた北朝鮮系の部落民によって起こされたということです。薩長同盟とはまさに薩摩と長州にある田布施町が同盟を組むことだったのです。そして、山口県鹿児島県からはたくさんの有力な政治家が出ており、天皇田布施一族の末裔だと言われています。これは陰謀論ですが、どれほど筋が通っているか考えれば、理解できなくはないと思います。もしこれが本当なら日本はほんの一部の人によって支配されていることになります。

 この記事を書いた人はRAPTという人です。この人のブログを読めばわかると思いますが、太平洋戦争、日本史、天皇ロスチャイルドユダヤ陰謀論などこの世の多くの謎を解き明かしています。そしていつしか、この世は悪魔によって支配されているという結論にまで至りました。以下の記事をご覧ください。

RAPT | 〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

もはやこれが核心というものでしょう。この世の権力者とは悪魔崇拝者なのです。私も陰謀論にはまっていた時期があったのですが、この記事を読んでその根源を知ることができました。

 どうすればこんな記事が書けるのだろうか。

その答えは簡単です。それは神様の力が働いているからです。RAPTさんは何十年も信仰生活を送られてきた方です。そして、2年ほどでこの世のカラクリを解き明かしてしまいました。これは神様による業としか思えません。聖書にこう書かれてあります。

 あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を表しなさい。(コリントの信徒への手紙1)

霊の存在を信じるか信じないかはあなた次第ですが、悪魔がこの世界を牛耳ると分かったのですから、それに対抗する術は一つしかないと思います。

 わかりにくい文章かと思いますが、ラプトブログについて紹介しました。この記事を読んでラプトブログに興味を持ってさらに有料記事も読んでいただけたら幸いです。