祇園祭とは悪魔崇拝儀式であった

前回はスサノオについて話しました。

 

atipha.hatenablog.com

今回は祇園祭について話そうと思います。今回も前回と同様RAPTさんのブログによるものです。

RAPT | 京都の「祇園祭」はもともと牛頭神バアルに幼子を生贄として捧げる悪魔崇拝儀式でした。

ただ、難しすぎて理解できない人もいると思うので、この記事から切り取って断片的に紹介します。

 日本の三大祭りのうち1つに祇園祭があります。祇園祭に参加する人は多いですが、祇園祭の歴史や起源を知らない人も多いと思います。結論から言うと祇園祭とは悪魔崇拝の生贄儀式でした。

以下2013年8月 2日│コムファリレー│一般社団法人 京都コムファより

祇園祭のそもそもの由来は

平安時代に疫病が流行し、それを鎮めるために行われたのが始まりです。

当時は上下水道が完備されておらず、また京都は盆地であり内陸のため、

湿度が高く、マラリア天然痘、インフルエンザ等の疫病が流行り、大変な問題になっていたそうです。

 

当初は朝廷の命により執り行われましたが、

室町時代になってからは、商工業者(町衆)の自治組織が中心となり行うようになり、今日まで続いています。

 

また特徴としては稚児を長刀鉾にのせ、神への生贄にして、

稚児を長刀何人も殺して、疫病を鎮めようとしたことが分かっていいます。

現在山鉾の生身の稚児は1つのみで、他は人形ですが、

当時はすべて生身の本物であったと考えられています。

そう考えると本当は祇園祭というのは怖いですね。                                  

                          (引用終わり)  

長刀鉾なぎなたほこ)の画像を貼っておきます。

信じられない人もいるかもしれませんが、祇園祭は八坂神社で行われ、八坂神社とはスサノオを祀る神社です。そして前回の記事で書いたように、スサノオとはバールのことです。

祇園祭 - Wikipedia

スサノオもバールも牛の角をもち、人々に生贄を求めていた。聖書ではイスラエル民族が子供を生贄としてささげた場合は死刑が課せられるように神様ヤハウェから言われています。

 以下https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AC%E3%82%AFより

パレスチナにもモレクの祭儀は伝わった。古代イスラエルでは、ヘブライ語で恥を意味するボシェト(bosheth) と同じ母音をあて、モレクと呼ぶのが一般的であった。『レビ記』では石打ちの対象となる大罪のうちに、「モレクに子供を捧げること」が挙げられている[1]。  

                        (引用終わり)

モレクもバールのことだと思っていいと思います。

モレクもバールと同じように牛の角がありますから。

f:id:atipha:20170804222142j:plain

f:id:atipha:20170804222206j:plain

 

                 まとめ

祇園祭とはバールに子供の生贄をささげる悪魔崇拝儀式であった。

最後にある動画を紹介しようと思います。

www.youtube.com

1分あたりから見ると、八坂神社と悪魔崇拝の関係がよくわかると思います。

 

 

 

スサノオについて

前回は最後に悪魔崇拝についてお話しました。前回の記事を貼っておきます。

 

atipha.hatenablog.com

今回は悪魔について話そうと思います。悪魔崇拝者が崇拝する悪魔とは何なのか、詳しく説明したいと思います。今回の元ネタも前回と同様RAPTさんのブログのものです。リンクを貼っておきます。

http://rapt-neo.com/?p=26454

結論から言うと、この世の神話に登場する神々は悪魔です。

大昔から悪魔が支配して、悪魔の権威を保つために神話を作り、人々に崇拝させてきたと考えれば理解しやすいと思います。

私は神話については詳しくありませんが、世界中の神話には類似する点が多いそうです。1つの神話から派生した場合、似てしまうのは当たり前ですが、実は遠く離れた日本とメソポタミアにも似た神話があります。

 

以下http://www.asyura2.com/0411/lunchbreak4/msg/369.htmlより

 

 

■日本の神話 = 素盞嗚尊(スサノオ)の別名は牛頭天王と呼ばれ、同じように牛の角を生やしている。素盞嗚尊(スサノオ)が人身御供で人間を食らう、頭が八つもあるヤマタオロチに酒を飲ませて酔わせてから退治する。その時にオロチの尻尾から、鉄の剣(草薙の剣)を手に入れる。        
                       
■シュメール神話 = 古代シュメールの伝える神の一つ、バール神は牛の角を生やしており、天候(暴風雨)の神といわれていた。太古シュメールの神話には、ヒッタイトの守護神である、7つの頭を持つ龍が人間を生け贄としていた。そこでバール神が、龍を酒に酔わせて退治する。すると龍の中から、ヒッタイトの鉄を手に入れる。

                              (引用終わり)

 

 シュメール神話に出てくるバールは聖書では悪魔として出てきます。

 

 以下、バアル - Wikipediaより

バアルは旧約聖書の著者達からたびたび批判されており[4]、「列王記」上18章のほか、「民数記」25章、「士師記」6章、「ホセア書」2章などにバアルへの言及がある[5]

「列王記」上18章では、預言者エリヤがバアルの預言者と雨乞いの儀式をもって争い、勝利したことが書かれている[4]。もともと「バアル・ゼブル」(崇高なるバアル)と呼ばれていたのを「バアル・ゼブブ」(蝿のバアル)と呼んで嘲笑した

                           (引用終わり)

 

つまり、日本神話(古事記や日本書記)に出てくるスサノオはシュメール神話のバールで、バールは悪魔だったということです。

 もっと詳しく知りたい方は、ぜひRAPTさんのブログをお訪ねください。

 RAPT | 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

 

また、日本神話とシュメール神話の類似性について興味がある方は、以下の記事をご参照ください。

出雲族と大和族の話(パート1) | 天の王朝 - 楽天ブログ

 

出雲族や大和族について書かれてありますが、このことについてもいつかこのブログで

紹介したいと想います。

 

 

 

このブログについて

 初めまして。ユウトと言うものです。

ブログを書くのはこれが初めての経験ですが、どうしても伝えたいことがあって始めました。それが何かというと、この世が非常に混沌としているということです。変なことを言っていると思われるかもしれませんが、世の中で起きていることや毎日ニュースで見ていることがよく理解できないという方はとても多いと思います。そしてわからないまま思い悩んだ結果それを韓国のせいにしたり、中国のせいにしたり、または日本人自身のせいにしたりして無駄な論争が起きてしまう。さらに、政治家を右翼や左翼などと分類して政治を理解した気になってしまう。

 はっきり言ってこのようなことは無駄です。この世の中はそう単純じゃないからです。ネトウヨという言葉を知っていますか。説明するまでもありませんが、ネット上で韓国や中国の悪口を書いて馬鹿にして、天皇自衛隊や右翼と呼ばれる政治家をほめたたえる人たちです。しかし、最近はネトウヨもそのような態度をとることが難しくなっているのではないかと思います。ぜひ、以下の記事を見てください。

RAPT | RAPT×読者対談〈第12弾〉田布施システムから始まった天皇の陰謀。

天皇の権力が一気に高まったのは、明治維新が起きてからですが、その明治維新は日本に住んでいた北朝鮮系の部落民によって起こされたということです。薩長同盟とはまさに薩摩と長州にある田布施町が同盟を組むことだったのです。そして、山口県鹿児島県からはたくさんの有力な政治家が出ており、天皇田布施一族の末裔だと言われています。これは陰謀論ですが、どれほど筋が通っているか考えれば、理解できなくはないと思います。もしこれが本当なら日本はほんの一部の人によって支配されていることになります。

 この記事を書いた人はRAPTという人です。この人のブログを読めばわかると思いますが、太平洋戦争、日本史、天皇ロスチャイルドユダヤ陰謀論などこの世の多くの謎を解き明かしています。そしていつしか、この世は悪魔によって支配されているという結論にまで至りました。以下の記事をご覧ください。

RAPT | 〈TALK RADIO〉悪魔崇拝はあるのか? エリザベス女王とローマ法王による5万人の幼児虐殺事件について。

もはやこれが核心というものでしょう。この世の権力者とは悪魔崇拝者なのです。私も陰謀論にはまっていた時期があったのですが、この記事を読んでその根源を知ることができました。

 どうすればこんな記事が書けるのだろうか。

その答えは簡単です。それは神様の力が働いているからです。RAPTさんは何十年も信仰生活を送られてきた方です。そして、2年ほどでこの世のカラクリを解き明かしてしまいました。これは神様による業としか思えません。聖書にこう書かれてあります。

続きを読む